水ぼうそう おたふくかぜ 症状 注意点

MENU

子どもがかかりやすい病気…水ぼうそう・おたふくかぜ

水ぼうそう

 水ぼうそうとは、水痘帯状疱疹ウイルスに感染することで発症し、2〜6歳くらいの子どもがかかりやすい病気です。冬から春にかけて流行することが多く、飛沫感染や接触することでうつります。

 

 

 

みずぼうそうの症状

 37〜38℃の発熱と、虫刺されのような小さな赤い発疹が全身に出ます。発疹はおなかや胸に出はじめて、手足や頭、口の中など全身に広がっていきます。赤い発疹は、しだいに水ぶくれになって、4〜5日で黒いかさぶたになります。

 

 すべての発疹がかさぶたになって治るまで1週間から10日くらいかかるので、しばらくは、赤い発疹・水ぶくれ・かさぶたが混在している状態となります。

 

 1歳をすぎると予防接種を受けることができますので、受けておくとよいでしょう。

 

 

水ぼうそうにかかったら注意したいこと

 水ぼうそうはかゆみが強いので、かきこわさないよう注意しましょう。かゆみがひどいときは、病院でかゆみ止めが処方されることもありますが、かきむしって化膿させると跡が残ってしまうので、爪を短く切っておくなど自宅でもケアしてあげることが大切です。

 

 また、熱が辛そうなときでも勝手な判断で解熱剤を使用してはいけません。水ぼうそうのときにアスピリンを使うと、ライ症候群になる可能性があるからです。解熱剤の使用は必ず医師に処方されたものを使うようにしてください。

 

 水ぼうそうは感染力が非常に強いので、症状が治まるまでは、通園・通学をはじめとした外出はさけましょう。

 

 

 

おたふくかぜ

 おたふくかぜとは、ムンプスウイルスに感染して発症し、2〜7歳の子どもがかかりやすい病気です。お母さんの免疫が残っている乳幼児はほとんどかかりません。
 一度感染すると免疫ができるので、再度かかることはありません。感染しても症状がでない人も3〜4割程度いますが、その場合でも免疫はできます。

 

 

 

おたふくかぜの症状

 耳のつけ根からあごにかけて腫れて、強い痛みがあり、高熱が出ることもあります。腫れは、片側だけのこともあれば、両側とも腫れることもあり、片側が腫れてから2〜3日後にもう片方が腫れてくることもあります。

 

 おたふくかぜはとくに怖い病気ではなく、1週間程度で腫れや痛みが治まりますが、合併症の心配がありますので、1歳をすぎたら予防接種を受けておくと安心です。

 

おたふくかぜの合併症

 合併症のひとつとして、無菌性髄膜炎が約3%の割合でおこるといわれています。ほかにも、難聴や脳炎をひきおこす可能性があることや、大きくなってからの合併症には睾丸炎や卵巣炎になる可能性も心配されます。
 男性が睾丸炎になると、つらい症状が出るとともに、不妊などの後遺症が出ることもありますので注意が必要です。