子供 ひきつけ けいれん

MENU

子どものひきつけ・けいれん…原因と対処法

熱性けいれん

 熱があがるときに、全身を硬直させたり、手足や顔をびくつかせてひきつけを起こすことを熱性けいれんといいます。原因はまだわかっていませんが、体質的なものや遺伝的なものが関係していると考えられていて、6か月〜6歳までの子どもの10〜20%でみられる症状です。

 

 

 

熱性けいれんをおこしたときは

 扁桃炎や咽頭炎などで38℃以上の高熱が出たときにおこる熱性けいれんは、通常であれば5分以内におさまります。とくに治療をしなくても、小学生になる頃には自然に治るのですが、ほかの原因によるけいれんの可能性もあるため、けいれんが治まったら病院を受診してください。

 

 ただし、5分以上けいれんが続くような場合、からだの片側だけがけいれんしている場合、けいれんは治まったのに意識が戻らない場合は、救急車をよんですぐに病院へ連れていきましょう。

 

けいれんをおこしたときの注意点

 けいれんをおこしたときは、大声で名前を呼んだり、ゆさぶってはいけません。周りにストーブやポットなど危険な物があれば、どかせておきます。そして衣服をゆるめて楽にしてあげて、静かに様子をみましょう。また、口の中に指やはしなどを入れたり、飲み物を与えてはいけません。

 

 

憤怒けいれん

 

 

 大泣きしたときに、息がとまって急にひきつけをおこすことを憤怒けいれんといいます。6か月〜3歳くらいの乳幼児に多い症状で、自分の思いどおりにならないときや、怖い・痛い・不快なことがあったときなどに、脳が過敏に反応して呼吸がとまってしまい、酸欠状態になることが原因でおこるといわれています。

 

ひきつけをおこしたときは…

 ほとんどのケースで、1分くらいで息を吹き返してもとに戻ります。一過性のもので、とくに治療の必要はなく自然に治ります。息がとまることによって、後遺症が出ることもありませんので過剰に心配しすぎることはありません。

 

 泣きだしたときは、抱っこして背中をさすったり、話しかけたりして子どもの気持ちをそらせて大泣きしないようにケアしてあげます。ふだんから、過度に興奮させないよう心がけて、外遊びをさせて欲求不満をためさせないことを心がけましょう。

 

 

過保護はダメ

 憤怒けいれんをおこすと、また大泣きさせてはいけないという思いから、子どもの言いなりになって過保護にしすぎるケースも珍しくありません。

 

 でも、過保護にしすぎるのは逆効果で、思いどおりにならないことがあるのを教えていかなくてはなりません。子どもが自分の気持ちをコントロールする力を身につけることが大切です。そうすると、大泣きすることも減っていきます。